津軽三味線 福居幸大

龍人
福居幸大プロフィール
津軽三味線について
三味線教室案内
ニュース
CD&出版
お問合せ
リンク集
ENGLSH

 

SITEMAP

 

津軽三味線について

三味線とは

三味線三味線は日本の代表的な楽器のひとつです。江戸時代より日本人の生活の中に最も身近な楽器として親しまれてきました。歌舞伎や文楽などの舞台で、お座敷での芸者・舞妓の唄や舞踊に中心的な伴奏楽器の役割を果たして来ました。一方農村では民謡三味線や、ゴゼの三味線、阿波踊りなどの祭りのお囃子などに幅広く使用されてきました。

日本古来の楽器として考えられている三味線ですが、実際には16世紀半ばに中国大陸から琉球に伝わり、当時の日本を北上し主に琵琶法師たちによって使われ始めました。その伝播の過程で三味線の胴に皮を張るなどの改良を重ね、それまで日本にあった固有の民俗音楽と結びつき、今日の三味線を形作ってきたのです。


三味線の種類

三味線は、太棹、中棹、細棹と三種類に分類することが出来ます。太棹は津軽三味線や義太夫に、中棹は地歌や民謡に、細棹は長唄や端唄などに使われます。

また、これらの三種類はそれぞれ棹の太さだけでなく、胴の大きさから弦の太さまで違います。太棹は棹が太いうえに胴の皮は厚く、弦も太くなっています。中棹は同じ棹でも撥(ばち)や駒で音を変化させています。また細棹は太棹に比べて皮も薄く、弦も細く撥も薄くなっています。

三味線は表現力豊かな楽器として様々なジャンルの中で演奏されています。


津軽三味線とは

撥津軽三味線の形態的な特徴は太棹であることです。津軽民謡の伴奏をしたり曲弾きを即興で弾いたりする楽器のことを指し、その歴史を辿っていくと、「津軽三味線」といわれるようになる以前は坊様(ぼさま)三味線ともいわれていました。坊様(ぼさま)とは目の不自由な人が三味線を弾き鳴らし、門付け芸をして旅をする芸人のことです。その当時は太棹でなく細棹や中棹で演奏されていたようです。津軽三味線は、津軽の厳しい風土と歴史から生まれた文化です。

奏法として「叩き三味線(叩き撥)」、「弾き三味線(弾き撥)」があります。叩き撥とは激しく叩く奏法で、弾き撥は静かに弾く奏法です。津軽三味線の曲弾き演奏は、基本的なきまりはありますが、即興で弾くことが多く演奏者の個性により曲調が大きく変わります。また現在では他の和楽器、洋楽器との競演などにも使われ、その進化を休めることはありません。